ハイドロキノンの危険性

ハイドロキノン

皮膚ガン、肝臓の損傷、腎臓の損傷のような副作用があるかもしれないクリームを使用しますか? 

現在、市場で購入可能なスキンホワイトニング製品に使用されているいくつかの美白成分が、これらのすべてを引き起こす可能性があることを示唆する多くの証拠があります。

「ハイドロキノン」と呼ばれる化学物質を含有する特定の肌質改善製品は、店頭販売(処方箋なし)の成分として、欧州連合、オーストラリア、日本などで販売されています。しかし、米国のFDAは、そのような製品の店頭販売を禁止する提案を出しています。

日本をはじめとするアジアでは、美白は大きな市場です。しかしながら、この化粧品は保護的役割もあります。もしそれがなければ、皮膚は皮膚がんを発症しやすくなります。

どのように美白コスメが働くか。ほとんどの美白コスメには、ハイドロキノンまたは水銀の2つの主要な化学物質があります。

ハイドロキノンは、写真処理、ゴムの製造に使用される、非常に毒性が強く、非常に強力な化学物質であり、毛髪染料の活性剤としても使われています。

水銀塩素とアンモニア水銀の形の水銀は発癌性です。それらは毒性の規定されたラベルで薬局によってのみ購入することができる有毒物質のリストに現われます。

どちらの製品も同様のプロセスを実行します。基底層にメラニン形成がなければ、褐色の色素沈着は見られません。しかし、長期的な影響は、取り組まなければならないものです。スキンライトニング製品を使用する長期的な効果には、以下が含まれます

ハイドロキノンまたは水銀は、長期間にわたり皮膚に塗布され、実際には紫外線と反応して再酸化し、より多くの色素沈着および早期老化をもたらします。

より暗い汚れた外観を修正するために、より多くの製品が適用されます。これらは悪循環の始まりです。肌の天然構造を変化させ、メラニンの産生を抑制することにより、皮膚の自然保護機能が弱まり、皮膚は皮膚癌の影響を受けやすくなります。

ハイドロキノンの長期使用は、結合組織に損傷を与えるコラーゲン繊維を厚くします。その結果、肌にはシミが残り荒い汚れた外観となります。

水銀はゆっくりと皮膚の細胞内に蓄積し、自然の色素が皮膚の壁に灰色・青色の色素沈着の兆候を残します。これは、ハイドロキノンが組織に蓄積する際の長期間の作用のため。UK Cosmetic Product Regulations 1978は、ハイドロキノンと水銀化合物の使用を禁止しています。

しかし、これらの製品に対する需要は非常に高く、アジアやアフリカの小規模事業者からクリーム、ローション、石けんを最大6%まで輸入しており、英国と米国で処方箋なしにカウンターで販売されています。

できるだけハイドロキノンを使用しないでください。この化合物が有害な影響を及ぼすことを理解し、軽く使用してはいけません。