アンプルールに代表される美白コスメ市場の今後

美白コスメ市場

アンプルールといえば代表的な美白コスメです。加齢によって顔のくすみが気になる女性が増えていることから、美白コスメの売り上げは伸び続けていますが、美白コスメの市場は今後も伸びていくのでしょうか。

プロクター&ギャンプル所有の美白ブランドのリードは、その市場価値を2億1,600万ユーロから19億6,000万ユーロに減少しました。これはフランスのコスメブランド「ロレアル」の増加に伴うもの。ロレアルは1年前に4位から3位にランクされ、順位を上げ続け今は2位に位置しています。

コスメ市場ではロレアルが好調

ブランド・エクイティの621万ドルの成長は他のすべてのブランドよりも高く、その総ブランド・エクイティは現在57億ドルです。ブランド・ファイナンスは、世界有数のブランド価値評価および広告専門家であり、ロイヤルティ・リリーフ戦略でトップ50の最も貴重な化粧品ブランドの年次リストを算出しています。

ブランド・エクイティは、基本的に、第三者がブランド・ファイナンスに基づくもの。美白コスメのロレアルの成功は、そのフランスの伝統の巧妙な操作に左右されます。

ルイ・ヴィトンやエルメスに代表されるように、フランスのカントリーブランドは高級化粧品ブランドと同義です。2012年には17億アイテムの高級化粧品輸出を誘発しています。ブラジルや中国などの新興市場をターゲットにしたこのブランドは、シェリルコール・ブランドロイヤルティ・コスメティックス50では、ニュートロジーナ、ニベア、ランシェが続き、ブランドエクイティが毎年減少しています。

市場は今後も伸びる傾向

アンプルールは日本の美白化粧品にあって市場を伸ばしています。アンプルールというフランス語を思わせる商品名が奏功していると思います。一方、第6位のコスメメーカーであるエイボンは今年一番大きな犠牲者です。去年の2年目から、今年は1億7,600万ドルのブランド・エクイティを失いました。昨年失われた50億ドルは、エイボンのブランド・エクイティが3を下回っていることを示しています。

2011年には26億人の市場がありましたが、現在ではわずか3億人に過ぎません。特に劇的なブランド・エクイティは、5%の収益低下と2012年の2700万ドルの損失により、低水準の消費者信頼感を示唆しています。

結果を述べると、アンプルールは美白コスメとしては検討しているといえます。開発途上国の女性が増えていることから、これらの国で美容製品の販売が増えていることは驚くことではありません。

世界中の百貨店の化粧市場は、インターネット販売との競争が激化しているにもかかわらず、引き続き好調といえるでしょう。高級コスメの対面販売を求める富裕層が増加しているためです。