どんな接待員なのか

Sexy body

さて、ピンクコンパニオンについて理解があまりない人もいることでしょう。
したがって、今回はそんなピンクコンパニオンについて紹介していきます。ピンクコンパニオンと、通常のノーマルコンパニオンでは何が違うのでしょうか。

通常のコンパニオンでは、お酌をしてくれたり、カラオケのデュエットなどがサービスの中心です。
しかし、ピンクコンパニオンの場合は、女体盛りから、混浴まで色んなサービスが楽しめるサービスを提供してくれます。
基本的にはお触りがOKです。また、微妙なところですが、風俗嬢ではないという扱いなので、風俗的なサービスは許可されていません。

したがって、ヘルス的な舐めたり、しゃぶってもらうようなサービスは、このコンパニオンに期待してはいけません。
とはいえ、通常の風俗では考えられないようなサービスができるので、とても喜ばれるのではないでしょうか。
絶対におとせない商談がある時は、このようなお色気系のサービスに頼った接待を行っても良いのではないでしょうか。

Sexy girl and flowers

通常のサービス

Nude girl

通常の風俗では、どんなサービスが可能なのか紹介していきます。
都会の風俗と同様に、温泉街の風俗であっても基本的にはやることは一緒です。

ヘルスサービスなら、ソープランドの簡略版のようなサービスがほとんどです。
シャワーを一緒に浴びて、そこからサービスに移行していきます。サービスが開始されたら、しゃぶってもらったり、こちらから触ったり舐めたりするのが主なサービスです。
これらのサービスは、それこそ都会でもできるサービスですから、ピンクコンパニオンの方が盛り上がるかもしれません。

しかし、通常の風俗も、いいところがあります。
それは、ピンクコンパニオンには、抜きのサービスがないので、どうしてもムラムラとした気分が発散できません。
そこで、そのムラムラとした気分を発散するために、通常のサービスを利用すれば、とても良い気分で抜くことができます。

これから、接待のサービスメニューを組む場合は、コンパニオンのサービスと、通常のお店のサービスとを組み合わせると良いでしょう。
組み合わせ方としては、前半にコンパニオンのサービスを入れて、後半に通常のお店のサービスを組み込むと良いでしょう。

あると違う決済方法

Sexy girl sitting on the bed

風俗店にとってあるのとないのではぐっと集客率が変わってくるもの、それはクレジットカード決済です。
サービス内容によってはそこそこ良い金額になることの多い風俗では、いざ利用したくても持ち合わせがない、というお客さんは意外といるもの。しかし、風俗店が現金払いのみだと、そういったお客さんは出直さなくてはならなくなってしまい、顧客を逃がしてしまうことになってしまいますよね。
しかしクレジットカード決済が可能であればどうでしょうか。みすみすお客さんを逃すようなことには、なり得ませんよね。

そういった意味で、風俗店にとってはクレジットカード決済ができるかどうかというのが顧客獲得、売上アップに繋がると言っても良いでしょう。
もしもまだクレジットカード決済を取り入れていない、というのであれば、クレジットカードを使える様にこれから手配してみませんか?
中には、今までクレジットカード決済の導入を試みたことがあるけれど、やりかたがわからなかった、申し込んだけど審査が通らなかった、というお店もあると思います。しかし、決済代行サービス、というものを使えば風俗店でも導入可能になりますから、検討してみる余地は十分にあると言えるでしょう。ここではその代行サービスについてお話ししたいと思います。

温泉や宴会に

Sexy girl taking off shirt

世の中には、色んな接待の形があります。
商談の世界では、時にキレイ事では済まされないような、接待だって必用なことがあります。
金銭の授受は、さすがに法に触れるのでNGですが、他の生物的な欲求に資する接待が効果的です。

男性に対する接待の場合は、風俗を利用したり、ピンクコンパニオンを利用した宴会が良いでしょう。
風俗の場合は、お店の中での行為となりますが、ピンクコンパニオンの場合は温泉などの宴会会場がそのまま行為の現場となります。
男性はいつまでたっても、性欲というものは減退しないものです。したがって、このような性的な接待は、時にはとても有効なことだってあるのです。

温泉街での接待の場合は、温泉街につきものの風俗街を利用すると良いでしょう。
風俗街では、都会に多いタイプのヘルスではなく、ソープランドが多い傾向にあります。
ピンクコンパニオンを利用すれば、普段は通常の宴会会場なのに、たちまち性的な接待をおこなう現場となります。
都会にいるような人ほど、ピンクコンパニオンによる接待を受ける機会がないので、とても喜ばれるでしょう。

接待を受ける側が、どんなバックボーンを持つ人なのかを調べていけば、どんな接待メニューが効果的なのか分かります。

このエントリーをはてなブックマークに追加